ヘアカラーはトーンによって印象が全然変わります

同じ色でもトーンが違えば、染めあがった仕上がりの色はずいぶん違ってきます。
脱色色調なんて言葉で言うこともありますが、もともとの色が黒だった場合に、トーンを上げていくとすると、黒から暗めの茶色に、暗めの茶色から茶色に、茶色から明るい茶色に、そして薄い黄色になり最後に黄色になるといったような段階になります。
髪の毛のトーンについて知っておくのであれば、髪の毛は明るくなるほど黄色に近くなるということです。
暗い髪の毛の人と明るい髪の毛の人が同じヘアカラーで染めた場合には、明るい人は、暗い人に比べると黄色に近くなるということを覚えたうえで、トーンを考えておくようにしましょう。