住宅ローン借り換え審査に落ちた理由は?

住宅ローンの借り換えなどにおいて、審査を通ることが出来なかった、という話を意外によく耳にします。
しかし、金融機関に落ちた理由を訊ねてみても、「総合的な判断」というあいまいな回答が返ってくるというケースがほとんどです。
一般的に融資を断られる理由としては、収入面になります。金融機関が設定している年収に届いていない場合、融資を断られるケースが多いと言われています。
収入に何の問題も無い場合、対象物件がローン残金に対して資産価値を伴っていない、という理由が考えられます。住宅ローン借り換えの審査に落ちてしまった、すぐに問題になるわけではありませんがこのチャンスを逃すと、金利の安い期間も終わってしまうかもしれません。
つまり、現在借りている金額よりも、物件の価値が下がってしまっている、ということです。
ちなみに、新築時には、購入価格以下でローンを組むため、この理由で断られることはまず無いと言えます。
逆に言うと、土地や物件の価値が上がれば、借り換えも可能になると言うことになります。
今後は景気回復のための政策が打ち出されているので、それを待つのも一案です。また金利が高くなるので住宅ローン借り換えをしようと考えているのに審査に落ちてしまってはどうしようもなくなってしまいます。
住宅ローン借り換え審査甘い銀行は?基準通りやすい!【落ちた理由】