フラット35を返しているときにトラブルになったら?

まだ住宅ローン商品フラット35が残っているのに離婚するような事になったら、払えていない分のお金を誰が払うことになるのでしょうか。
中でもまだ未成年のお子さんがいる方の場合、別れた後でも養育費を払う責任があります。
第一に支払いの義務は誰にあり契約内容がどうなっているか確認し夫婦で話し合って納得のいく取り決めをしなければなりません。
家を売ってお金にするという方法もありますが、残念ながら販売価格がローンを下回る結果になると、残ったローンを最後まで支払わなければなりません。
これから先の大切な事ですのでしっかり決めて下さいね。
マイホームの購入は誰でも憧れるものだと思います。
ですが、住宅購入をする際には必ず住宅ローン審査が必要です。
家の代金を現金ですべて支払えれば何も問題はありませんがそういった事はなかなか難しいの現状です。
ですから、一般的には銀行の融資に頼る方が多いです。
住宅ローン審査は、数あるローンの中でも一番厳しいと言われています。
35年という長期間の支払いが出来ないといけないので、中には審査に通らない方も出てきます。
その理由として一番大きいのがやはり収入面です。
ローン審査を無事に通過するためには、最低でも300万以上が必要年収ラインだと言われています。
ただそれだけあれば良いという訳でなく、勤続年数・会社の規模なども重要な審査基準です。
自分の家を建てたい!と思ったとき金融機関ならどこでも受付可能な、マイホーム購入時の融資が役立ちます。
ですが、たくさんある金融機関の中からどこを選べば良いのか迷ってしまう方も多くいらっしゃると思います。
選び方の一つの方法としては、自分が行きやすい近場のところを選んだり不動産屋を通しても良いですし、ネットバンクなども申し込みは出来ます。
ただ、どこに申し込んだ場合でも審査が必ず必要で必ず合格するという甘いものではない事を心しておくと良いです。

フラット35審査甘い?審査基準はどう?【審査に通るコツ】